まぁるい死のそばに(3)

野の花診療所 院長 徳永 進

第2692回 放送日: 2020年11月15日

鳥取市でホスピスケアに取り組む医師の徳永進さんに「まぁるい死」について伺います。徳永さんは父の看取りの経験から医療者の態度として「寄り添う」ではなく「そばに」が望ましいと考えています。家族は「死をつくりあうメンバー」だという徳永さんは、周囲が死への旅路をともにすることで死がだんだん「溶けて」きて、「まぁるく」見えることがあると語ります。徳永さんは長年の経験から悲しみは封じられることが多いと指摘し、グリーフ(死別後の悲嘆)ケアの必要性を説きます。
「まぁるい死~鳥取・ホスピス診療所の看取り」著:徳永進(朝日新聞出版)

番組配信

KBS京都でオンエアした翌週火曜日 午前10:00からインターネットで番組を配信します。配信期限は公開から一ヵ月間です。

番組配信

各局放送時間

KBS京都 日曜日 8:45~9:00TOKYO MX 土曜日 8:45~9:00新潟放送 日曜日 5:30~5:45
びわ湖放送 日曜日 7:45~8:00スカイA (CS放送) 火曜日 8:45~9:00ハワイ(KIKU) 日曜日 12:30~12:45

関連内容